猫に目ヤニはつきもの?取れない場合はコットンもいいけど?

猫に目ヤニはつきもの?取れない場合はコットンもいいけど?

猫を飼ってみるとわかるけど、結構目ヤニが出るんですよね。が、初めて猫を飼うと、普通の目ヤニなのか、病気なのか分かりませんよね。目ヤニでもすぐに病院に行かないといけないものとそうでないものってどう違うんでしょか。それに、こびりついた目ヤニは中々とれないんですよね。コットンを濡らして取ればっていうけどねえ。

スポンサーリンク

猫に目ヤニはつきもの?

猫って、飼っている人なら当然なんですけど、初めて飼うと、目ヤニが気になるんですよね。っていうか、気にしてほしいけど。

猫も動物、特に哺乳類だから、目ヤニもでます。が、病気とか怪我の場合ももちろん目やにがでるんです。

ですから、その違いをしっかり把握してないと、あっ、また目ヤニかって思っていたら、重大な病気だったってこともありますからね。

まず、毎朝猫ちゃんの顔というか目を見てください。だいたい人間と一緒で寝起きは目ヤニがついています。

茶褐色っていうか、コーヒーのような色の目ヤニだと、通常の老廃物だから、心配はいりません。

が、緑色とかだと感染症の場合があります。白とか黄色とかね。その辺は最初は分からなかったら、取り合えず病院に連れて行った方がいいでしょう。

「いやー、これは全く問題ないですよ。あとでちゃんと目ヤニを取ってあげてください。今回はこっちで取っておきました」とかならいいじゃないですか。

が、いわゆる猫風邪っていわれている感染症の場合も、目ヤニが出るんです。ひどくなると、目がぐしゃぐしゃで開けられなくなりますからね。

それから、外に出るネコだと、喧嘩して目が傷ついている場合もあります。外に出なくても複数飼いだとあるけど。

角膜が傷ついていても目やにが出てきます。これは一匹飼いでも、何かに目をぶつけてってことがあるから、気を付けてください。

あと、猫も花粉症とかになったりします。ですから、さらさらした目ヤニというより涙がジャンジャン出る場合は、アレルギーの場合もあります。

それから、両目からの場合は、感染症というか病気の場合が多いです。が、片目の場合は、怪我の場合が多いですね。

で、もう一つ、猫ってよくみると顔の面積に対して目の割合が大きいですよね。ですから、結構目に怪我をしたりします。

あとまつ毛っていうか、毛が目に入ったりするけど、人間に比べて痛がらないって言われています。

ですから、飼い主がちゃんと目の様子も見てあげないと、気が付いたら手遅れってこともありますからね。

その辺も含めて、毎日猫ちゃんの顔、体はチェックしてあげることが飼い主の義務なんですよね。

猫の目ヤニが取れない時は?

じゃあ、その目ヤニ、問題のない茶褐色の場合はどうすればいいの?ってことですが、濡らしたコットンとかで取ってあげてください。

というのも、そのまま放置していると、どんどん目やにが溜まって、取れなくなったりします。固まってしまうんですよね。

手で無理やり剥がそうとすると、目の周辺の毛まで取れたりするから、必ずコットンとか目ヤニシートで採りましょう。

綿棒は危ないから使わないでくださいね。で、固まった目ヤニは、コットンをぬるま湯に浸して、固く絞って拭いてみてください。

それでも取れないときは、ちょっと水分を多くして、目ヤニをふやかして取るっていうカンジですかね。

手で取ろうとすると、目に細菌が入ったりするから、手では取らないように。あと、コットンを使う場合も、眼球に触れないように、取れる範囲だけにしてください。

そういうこともあって、気が付いたら目ヤニはとってあげないと、固まると中々取れませんからね。

スポンサーリンク

猫の目ヤニはコットンよりも

そんな猫の目ヤニですが、上級者になれば、コットンでもいいけど、私なんかはやっぱり目ヤニシートを使っています。

と言うのも、最初から水分がしっかり入ったシートだし、目ヤニが硬くても溶かしてくれるカンジなので、使いやすいんですよね。

そうそう、ウエットティッシュはアルコールが入っているモノが多いから、やめておきましょう。ノンアルコールのものだといいけど、できれば猫用の目ヤニシートが安心です。

そうはいっても、最初のうちは結構嫌がる猫も多いから、ちょちょっとできる範囲で、嫌がったらすぐに辞めること。

そうしないと、目ヤニシートを見たら逃げるようになりますからね。注意してください。

ペットプロ 目やにとりシート(32枚入)【ペットプロ(PetPro)】

今日のオタン子

うちのオタン子も初めて目ヤニを見たときは、病気じゃないかと思って大騒ぎ。ネットで調べたり、猫を飼っている知人に聞いたりしましたからね。

今では、毎朝ちょちょっと拭いています。でも、本当はいやみたいで、一応おとなしくしているけど、シートで拭いた後は、一生懸命グルーミングした手で目の周りを整えていますからね。

ってことで、その辺は無理のない範囲でやっていきましょう。では、良い目ヤニを。

関連記事
猫の毛玉ってなあに?

スポンサーリンク