猫は迷子になるから防止策はやっぱり迷子札それともマイクロチップ?

猫は迷子になるから防止策はやっぱり迷子札それともマイクロチップ?

猫って、完全室内飼いをしていても、一度出ていくと迷子になりやすいんですよね。防止するには、やっぱり迷子札でしょうか。マイクロチップの方がいいっていう人もいるけど。

スポンサーリンク

猫が迷子になるって?

猫って、ひと昔前っていうか昭和の時代だと、部屋の中で飼うっていうよりも、外にも自由に出るってカンジ。

ですが、今は完全室内飼いですからね。っていうか、昭和の時代でも、外に出していたせいで、交通事故に遭ったり喧嘩したりして負傷することは多かったし。

ってことなんですが、元々が野良だったりすると、やっぱり外に出たがったりします。何かの隙にするりとドアの間から抜け出したりってことで。

そういう逃亡防止については、別の記事にしたし、みなさんも神経をとがらしていると思うけど、逃亡してしまったらアフタ―フェスティバル。

中々戻ってこないことが多いですね。女の子だと意外と家のすぐそばの茂みとかに居たりするけど、男の子だとねえ。そのままってこともあります。

あと、一番多いのが、動物病院に連れて行く時なんかに、キャリーの蓋が完全じゃなくて、逃げ出したとかね。

家の周りだとまだ家に戻ろうとする習性があるから、意外と窓の外でうろうろしていたとかいうこともあるけど、2キロ3キロでも離れてしまうと、戻ってくるのは至難の業。

ってことで、いわゆる迷子になりましたっていう訳です。ですから、逃亡防止対策はもちろん、何かの時に迷子になってもいいように、その対策はしっかりしておかないといけません。

よく「迷子になりました。オタン子1歳女の子、キジ白」とかいう感じで、猫の写真が入ったチラシが貼ってあったりしますよね。

ああいうことにならないようにしないといけません。それに、1日2日だと写真の通りだけど、1週間もさまよっていると、汚れてしまってじぇんじぇん違ったりしますからね。その辺の対策もしっかりやっておきましょう。

猫の迷子防止は迷子札?

じゃあ、猫が迷子にならないようにっていうか、なってしまったときでももどってこれるような対策っていうと、なんですか?って言うのが気になりますよね。

一番は首輪と迷子札です。サザエさんちのタマも首輪をしていますよね。一応首輪をしていると、飼い猫ってことで、野良猫じゃないって思われます。

というのも、野良猫だと最悪は、すぐに保健所に連れていかれて殺処分されますからね。それが首輪があると、一応もしかしたら飼い猫かもってことで、迷子情報が出てないか調べてくれます。

ですから、迷子札っていうのは、その首輪に連絡先を書いておくもの。首輪にペンダントみたいなのがついていて、そこに連絡先の電話番号を入れるって言うのが主流でした。

そう、過去形。っていうのは、意外と猫って首周りでプラプラするのは嫌がるんですよね。それにそのペンダント部分が引っかかったりして。

ですから、22世紀の現代はペンダントタイプよりも、首輪に刺繍やプリントで連絡先を明記するのが主流になりつつあります。

それだと、猫も嫌がりませんからね。それに、個人情報だからってことで、首輪の内側に電話番号を書く人もいたけど、今は外側が主流です。

っていうのも、相当猫になれている人っていうか、猫保護団体の人とか、猫を飼っている人じゃないと、首輪の内側って見ないんですよね。

ですから、現代は外側に書くようにしています。そうすると、オタン子ちゃんかあ、何々、パパの電話番号は?ってことで、電話してくれますからね。ぜひそうしてみてください。

スポンサーリンク

猫の迷子防止はマイクロチップ?

というのが、世間一般の話。なんですが、実際に猫を飼ってみるとわかるけど、首輪って結構危険なんですよね。猫っていろんなところによじ登ったりするじゃないですか。

その拍子に首輪が何かに引っかかって、首つり状態になるってこともありました。それで命を落とした猫もいます。

ですから、現在のほとんどの首輪はある一定の力が加わると首輪が外れるように設計されています。いわゆるセーフティ機能がついているっていう奴。

そうすると、安全ではあるんですが、迷子になってなんか木かなんかにひっかかると首輪が外れるってこともあるんです。

そうすると、せっかく首輪に迷子札をつけたのに、結局首輪がないから野良猫と思われて、保健所に連れていかれるってこともおきてしまいます。

それを防止するために、マイクロチップの装着っていうのがあります。マイクロチップを猫の皮膚の下に埋め込んで、そこに飼い主情報が書かれているっていう奴。

そうすると、保健所に連れてこられても、まずはマイクロチップが入ってないかを確認するから、おっ、これはオタン子という猫で、どうやら独居中年が飼っている猫。電話番号は・・・。ってことで連絡されてくるっていう訳です。

ということで、迷子札だけじゃなくて、マイクロチップも装備するっていうのが、22世紀の正しい迷子防止策ってことを認識しておいてくださいね。
りぼん刺繍ネコ首輪 Sサイズ軽量迷子札 猫首輪 名前入 名入れ 電話番号 ネーム首輪 ラインストーン 刺繍ねこ首輪兼迷子札付きチョーカー 首輪タイプの迷子札 刺繍の関係で首周り16cmから制作になります。

今日のオタン子

うちのオタン子、もちろんマイクロチップも入っています。これはもし飼い主が代わっても、それを登録しているところ連絡すれば修正してくれます。

同じように住所とか連絡先も変わると届けてくださいね。まだ、オタン子は、住所変更はないから、最初のままですけどね。これがあれば、ダジャレが嫌で家出しても、連れ戻されてしまうんですよね。では、良い迷子防止を。

スポンサーリンク