人生半世紀の独居中年が初めて飼った猫との日常での疑問について語ります

独居中年・オタン子パパが初めて猫を飼ったら?

猫を飼う

猫の餌の選び方ってどうするの?安心な物とかおすすめな物とか

更新日:

猫の餌って、どうやって選べばいいんですかね。最近はいろいろと危ないものが入っているとかいう宣伝もあるし、安心なものって何をみればいいんでしょうか。おすすめな銘柄も知りたいし。

スポンサーリンク

猫の餌の選び方は?

猫の餌って、何をあげればいいんですかね。って、猫初心者の場合は、何を選べばいいか分かりません。私もそうでした。

昔ながらのねこまんまって訳じゃないけど、キャットフードっていってもピンからキリまでありますよね。

スーパーとかドラッグストアにも売っているし、安いのだと1キロ500円とか。まあ、猫だからそれでいいっかって思うと、あとで大変。

というのも、まず猫って基本的に肉食だから穀物は食べません。食べないことはないけど、食べても消化しなかったり。ってことで、原料に穀物が入ってないものにしてください。

これで、ちょっと値段があがります。1キロ500円は穀物を入れてかさを増やしているのが多いですからね。

それから、肉粉・ミールっていうのも原材料に入っていたら除外。っていうのは、ミールって、処理場に運ばれる途中で死んでしまった鶏や豚などもペットフード用肉粉として処理されてることが多々あるから。

人間の食材だったら、まず加工できない原材料や病死した鶏や豚を、キャットフードの原料として使っている場合があるんですね。ですから、ミールが入っていると除外。

あとは、着色料とかも必要ありません。っていうか、逆に猫の体に悪いし。それに、猫ってあんまり色の識別ができないから意味ないし。

っていうのが、基本です。まあ、値段で言うとだいたい1キロ2000円ぐらいから上になりますかね。

獣医さんとかに聞けば、「この辺りでいいんじゃないでしょうか」って言われます。ただし、古い獣医さんだと意外と餌のことをしらなかったりするから、自分でも猫を飼っている獣医さんに聞いてくださいね。

あと、ウエットフードかドライフードかっていうのもありますよね。ウエットフードっていうのは、その名の通り、水分があっていかにも猫が好きそうなもの。猫缶とかはウエットフードがほとんどです。

ドライフードは、通称カリカリっていわれていて、なんか固い丸いもの。見た目は悪いけど、6ヶ月以上の子だと、断然ドライフードです。

もちろん、水分を多く取らないといけない猫とかは別ですが、猫って歯磨きが中々難しいですよね。もちろん、いずれしてあげないといけませんが。

それもあって、ドライフードの方が歯周病になりにくいっていうのがあります。あと、特に独居中年(含む青年&老人)で、家を空けることが多い人はドライフードですね。

ウエットフードだと、すぐに片付けないと夏場なんか餌が痛んで、逆におなかをこわしますから気を付けてください。

ってことで、6ヶ月以上の猫の場合は、基本的に上に書いた内容で、ドライフードを探してみましょう。

猫の餌で安心なのは?

って言われてもねえ。猫を初めて飼う場合は、じゃあ何がいいの?ってちょっと分かりませんよね。具体的に銘柄を上げてみるので、それでまた検討してみてください。

まず、猫の餌で検索していると、すぐに出てくるのがロイヤルカナン。獣医さんもおすすめっていうのと、年齢や病気なんかの体質にも合わせて、いろんな種類があるので、悪くはないといわれています。

が、近年生産工場が変わったということで、2017年ぐらいからは評判はあんまりよくないですね。

それだったら、ピュナリワンの方がっていう人も多いです。この辺は好き好きですが、ピュナリワンもコストパフォーマンス的にはいいんじゃないでしょうか。

あと、結構猫も家族っていう人には、高くなりますが、ロータスとかその辺も人気。ロータスになると、まず安心だから、経済的に問題ない人はロータスぐらいからが猫初心者にはいいと思います。

その上になると、かなり高級で、ジャガーとかね。同じ猫科だからジャガーって命名したのかしらないけど、上流階級の仲間入りで、文句なしです。

が、2018年現在、猫の餌の最上級というか文句のつけようのないのは、カナガン、シンプリー、モグニャンの3つかな。

1.5キロで4500円っていう相場だから、寂しい中年で結婚しないからその分猫にとか、そういう人じゃないとちょっと厳しいかもしれませんが、この3つだと文句のつけようがありません。

ってことで、毎日のことだから、健康にはいいものにしたいけど、飼い主の家計が破綻すると意味がないですからね。お財布と相談してきめてください。


スポンサーリンク

猫の餌でおすすめは?

そんな猫の餌、じゃあ、一体おすすめっていうと?っていうと、これはもう上に書いたように、カナガン、シンプリー、モグニャンのどれか。

これは販売会社が一緒だから、どれでも品質には違いがありません。ずっと一番人気はカナガンだったんですが、2017年にそれをもっと改良して、モグニャンっていうのがでました。

シンプリーは、以前は子猫にはダメで、成猫からだったんですが、今では子猫でもドライフードが食べれる月齢だと大丈夫に改良されています。

カナガンはチキンベースのお肉が原料、モグニャンは白身魚、シンプリーはサーモンってことで、肉が好きか魚が好きかで選べばいいと思います。

ということで、お金に余裕があれば、ぜひこの3つの中からどれかにすることをお勧めしまーす。もちろん、うちのオタン子もこの辺を食べています。
モグニャンキャットフード(1.5kg)カナガン グレインフリー ドッグフード ドライ


今日のオタン子

オタン子は保護猫ってことで、当初はピュナリワンとかその辺をもらっていたみたいですが、寂しい中年の私んちにくるとねえ。家族ですからね。

まずはカナガン、そのあとモグニャンにして、また今はカナガンにしています。保護されているときも「何でも食べますよ」って言っていたから、いつも残さずに食べています。

長生きしてもらわないとね。ってことで、良いキャットフードを。

関連記事
猫のトイレのしつけとか選び方とか

スポンサーリンク

-猫を飼う
-,

Copyright© 独居中年・オタン子パパが初めて猫を飼ったら? , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.