人生半世紀の独居中年が初めて飼った猫との日常での疑問について語ります

独居中年・オタン子パパが初めて猫を飼ったら?

猫と住まい

猫の脱走防止窓用は手作りできるし100均で材料は揃うし

投稿日:

猫ってするりと外に出てしまいますよね。一度出たら捕まえるのも大変だから、脱走防止でいろいろするけど、まずは窓対策ですよね。でも、脱走防止の窓用って手作りでも簡単にできるし、材料も100均で揃うんですよね。

スポンサーリンク

猫の脱走防止は窓から?

猫の脱走防止、これから暑くなるとまずは窓を開けるから、窓からの脱走防止を考えないといけませんよね。

手軽にできるのが、泥棒防止グッズのストッパー。窓というかサッシの下の部分にカチってはめ込んで留めるもの。

窓を開けた状態でも止まるから、暑いときには窓をほんの少し(数センチ)だけ開けて、そこでそのストッパーで止めれば猫が出て行きません。

といっても、それだけだと真夏に帰ってきて、とりあえず暑い空気を出したい時とかは不便。かといって網戸だけだとねえ。

そうなんです。突き破って出て行きますからね。あと、爪でキーってやると簡単に穴が開くから、網戸はちゃんと猫用のものに替えてください。

といっても、賃貸とかだと網戸交換にも大家さんの承諾がいるし、また出るときに元に戻さないといけないし。ってことで、面倒ですよね。

となると、脱走防止柵。これが一番利便性が高いと思います。窓の片方に鉄格子というか、ワイヤーの網目のようなものを設置。

窓自体は普通に開けるけことができるから、風通しもいいし、猫が突進しても破れないし。ってことで、使っているおうちは多いみたいですよ。

窓の大きさによるけど、だいたい8000円から1万円ぐらいです。ですから、これを各窓に設置すればO.K.

なんですが、一部屋だけに閉じ込めておくとか、ワンルームならいいけど、いくつか部屋がある場合は、意外と出費になりますよね。

で、ほぼ同じようなものが手作りできます。それに費用も半額以下。私のようなヨレヨレ中年で手先が不器用でもできます。

ってことで、試しに一つ作ってみるのもいいんじゃないでしょうか。時間も最初はちょっと戸惑うからそれでも1時間ぐらいでできるし、慣れれば30分で完成です。

猫の脱走防止窓用は手作り?

使うのはワイヤーネットと、結束バンド。それに突っ張り棒ですな。例えば窓が通常の高さ180センチ、横90センチとします。

そうすると、高さ180センチに対応する突っ張り棒を2本、それにワイヤーネットを結束バンドで組み合させて設置すると言うのも。

具体的には、ワイヤーネットってだいたい30×40センチとか25センチかける50センチとか、1枚がそれぐらいの大きさですよね。

今回は30×40センチのものを使うとします。そうすると、180センチに対応するには、40センチ×5枚で200センチ。20センチ分長いから、そこは重ねて調整。

すると、5枚だから4センチずつ重ねると180センチなりますよね。同じように横も、90センチだと、30×3枚でちょうど90センチ。

なんですが、突っ張り棒の直径分長いってことで、だいたい180センチに対応する突っ張り棒だと、直径が4センチぐらいかあるから、両方で8センチ。

8センチ分重ねるってことになります。3枚だから、3センチ2枚と2センチってカンジで、横の長さが82センチになるようにします。

ですから、縦に5枚、横に3枚で合計15枚のワイヤーネットが必要。それを結束バンドで止めて行きます。1枚に2か所で大体O.K.ですが、留めて行ってちょっと結合部分が弱いと思ったら、真ん中にもう1本留めてもいいかも。

というのも、結束バンドもワイヤーネット同士を留めるのなら、10センチの長さで十分。そうすると、1袋に100本ぐらい入っているから、1袋全部使っても問題ないんです。

ただし、縦5枚、横3枚をつなぎ合わせた長さ180センチ×82センチのワイヤーネットを、つっばり棒に留めるときは、やはり長さが20センチぐらいの結束バンドが必要です。それでも50本ぐらい入っているから、留め放題ですけどね。

ってことで、ホームセンターや100均でも材料は手に入るので、お安くできてしまいます。一度お試ししていただければと思います。

スポンサーリンク

猫の脱走防止で窓用は100均でも?

ワイやネットは100均で売ってますよね。結束バンドも売っています。突っ張り棒はお店によるし、あっても100円ではないと思うので、ホームセンターか通販で取り寄せてください。

というのも、車があればいいけど、都会の人とかで車がないと突っ張り棒の180センチっていうと、180~220センチとかいうサイズだから、バスとか電車ではもって帰るのは大変。

その点、ネット通販だと家まで運んでくれますからね。そういう意味ではワイヤーネットも15枚とかになると、意外と重いから、車がない人だと通販でもいいかも。

で、計算してみると、ワイヤーネットが15枚で1500円。結束バンドは2種類で200円。突っ張り棒はちょっとお高くて、大体その長さだと1500円ぐらい。×2本で3000円。それでも、トータルで4700円。

ってことで、出来上がり品の半分なんです。1か所だけなら、手間とかを考えると出来上がり品でもいいけど、何か所もある場合はねえ。結構な差になるから、手作りしてみてもいいんじゃないでしょうか。
突っ張り棒 つっぱり棒 伸縮棒 アイリスオーヤマ 収納 幅110?190 強力伸縮棒 H-NPJ-190送料無料 棚 強力突っ張り棒 強力 洗濯物 押入れ 突っ張り 棒 おしゃれ 150cm 押し入れ ツッパリ棒 110 190 150 つっぱり ラック 突っ張り すきま収納 すき間収納 隙間収納

今日のオタン子

ということで、うちのオタン子の場合は、この防止策をよじ登るのが好きみたい。ですから、時々は登るんですけど、途中であきらめて降りてしまいます。

そのうちルパン三世にもで弟子入りしたら、こんな防止柵だとチョチョイのチョイで脱出してしまうかも。そのためにもマイクロチップは埋め込んでいるんですけどね。では、良い脱走を。

スポンサーリンク

-猫と住まい
-,

Copyright© 独居中年・オタン子パパが初めて猫を飼ったら? , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.