猫の避妊手術後の餌はカロリーに注意が必要?おすすめのものは?

猫の避妊手術後の餌はカロリーに注意が必要?おすすめのものは?

猫の避妊についてのお話。猫の避妊手術後の餌はどんなものにしたらいいのか、その配慮について記事を書いていきたいと思います。ですので、これから避妊手術を受けさせようとしている雌猫を飼っている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

猫の避妊手術後の餌は?

猫の避妊手術は大変重要なものです。猫の命にも関わる問題です。

そんな重大な手術を施したあとは、猫の体調をしっかり考えてあげる必要があります。

他の猫との干渉や家での過ごし方、それに餌もよく考えてあげましょう。

避妊手術後の猫は太ってしまいやすいとよく言います。これは猫の体調や体質が変わってしまうためです。

具体的にどんな餌がいいかと言いますと、アレルギーの原因となる物質を避けたものが良いでしょう。

穀類や豆類が含まれていると猫にとってのアレルギーとなる場合が多いです。また天然由来の成分がなるべく含まれていることも重要です。

化学成分の含まれた餌は、猫の体が受け付けない場合もあります。

猫の避妊手術後はカロリーに注意?

猫の避妊手術後はカロリーに気をつけなければならないのでしょうか。避妊手術後の猫は体質の変化により太りやすくなると言います。

そのためカロリーには十分注意する必要があるでしょう。カロリーの高い餌は太りやすく、肥満の原因となります。

また避妊手術後は体質が変わり、猫は過食気味になることも考えられます。

そうなるとカロリーの高い餌の場合あっという間に太ってしまう可能性があります。太ってしまった猫はダイエットをさせる必要が出てきます。

避妊手術後の猫は、しばらくは元気が無く餌もほとんど食べないことが多いと言います。

だんだん食欲も戻ってくるのですが、食べなかった反動で一気に餌をたくさん食べるようになってしまうことも考えられます。

すると高カロリーの状態が続き、太ってしまうと考えられます。猫の食べ過ぎにも注意して、適量の餌を与えるようにしましょう。


スポンサーリンク

猫の避妊手術後の餌のおすすめ

猫の避妊手術後の餌としてオススメなのが動物性タンパク質を多く含むものです。猫の活力となり、元気な状態を維持させることができます。

あとはビタミン群を多く含んでいるものになります。ビタミン類は酸化防止剤として抗酸化作用があり体に良いとされています。

猫の体の健康を維持するには非常に効果的です。それに玉ねぎが食べられない猫としては抗酸化作用を含む物質を摂取できるのはいいことでしょう。

サーモン、白身魚など、消化吸収しやすい物質を含んでいることも大事です。良質なタンパク質をいかに摂るかが猫にとっては重要なのです。

肉、魚類を主成分とする餌が効果的でしょう。また避妊手術後専用の餌も売られています。

こちらはダイエット用の餌としても活用できるのですが、脂質が抑えられているため、猫にとっては健康的な餌と言えるでしょう。
ミスターフルーツ 避妊・去勢猫用 1.5kg フォルツァディエチ キャットフード 避妊 去勢 ホルモン ドライフード【ペットフード フォルツァ10 フード ネコグッズ ねこ】 FORZA10 総合栄養食 無添加 安心


まとめ

避妊手術をする際は、子供を産むことのできない体にしてしまうことをごめんねという気持ちを込めて、猫に謝るようにしましょう。

しかしそれが家で飼う猫のためでもあります。避妊手術後の餌は普通の餌を普通の量だけ与えている場合ですと、みるみるうちに太ってしまうことが考えられます。

猫の体調、体質の変化を考慮して、タンパク質を多く含み、脂質を抑えた餌を用意してあげるのが良いでしょう。

猫ちゃんにとってなるべくストレスのない食べやすい餌を提供してあげることが大事です。

術後すぐの運動は厳しいかと思いますが、餌を与えるだけでなく、適度な運動もさせてあげることが、健康状態を保つことのできる秘訣になるのではないでしょうか。

この記事を参考に、避妊手術後の猫ちゃんの餌について考えるヒントになればいいと思います。以上避妊手術後の猫の餌に関する記事でした。

関連記事
猫の餌で毛玉効果のあるものって?

スポンサーリンク